北軽井沢の高原リゾート「浅間ハイランドパーク」「北軽井沢ハイランドリゾートホテル」のスタッフブログです。

ソフトクリームの最近のブログ記事

こんにちは。ソフトクリームです。

日本テレビのドラマ、北川景子さん主演の「家売るオンナ」を毎週、見ています。
視聴率も良いようです。

主人公は不動産会社のスーパー営業ウーマンの三軒家 万智(さんげんや まち)。
「私に売れない家はない」「私が売ります」と豪語して、
引きこもり中年男性などのどんな検討客にも、狭小住宅などの難しい売り物件を
必ず売ってしまいます。

同業者として、「有る、有る」と見入ってしまうところ、
「絶対、あり得ない」と引いてしまうところ、
数々ありますが、抱腹絶倒で楽しいです。
「別荘」も出ないかなぁと期待してます。番組はもう終盤ですが。。。

「不動産屋は地図を見ない」→これはさすがに無いと思います。

もし、やる気が出ない同僚がいたら 「GO!!」と叫びますよ。

番組ホームページです。
http://www.ntv.co.jp/ieuru/


ogp_03.jpg

こんにちは。ソフトクリームです。
何回かに渡って軽井沢での別荘探しのポイントを連載しております。
多少のアドバイスになれば幸いです。
今回は10回目です。

「管理事務所の重要性」についてお話しします。

軽井沢には多数の別荘地がありますが、
別荘地には、ディベロッパーが開発し分譲した一団の別荘地と、
古くから住宅やもともと別荘などが建っていた場所、
山林など不動産業者が数区画に切り売りした土地など
さまざまのケースがあります。

大きく開発された分譲地は、通常、管理事務所があり、スタッフが常駐しています。
スタッフは地元出身者も多く、不慣れな地理や情報を提供してくれます。
管理会社があると、何かと役に立つことが多く、利用しないのは損だと思います。
定住や永住であればご不要かもしれませんが、
不在時がある別荘利用の方は色々とお手伝いできることが多いのです。

実例として、「軽井沢まで来たら、別荘のカギを忘れていた。。。」
とか、「自宅まで帰ったけど、別荘に大事な忘れ物した。郵便で自宅まで送って。」
「新しい電化製品を買ったから、配送業者が来たら、別荘に入れておいて。」
など、ご要望はさまざま。

床暖房や灯油FFヒーターの着火サービス(有料)も行ってます。
ご来荘の当日にストーブを点火して、お部屋を過ごしやすい温度まで暖めておくサービス。
冬でも快適な別荘ライフが待っています。

また浅間ハイランドパーク別荘地では、別荘1件ずつ、ゴミの回収を365日毎朝、
行っております。小動物もいますから放置はできません。
またオーナーの利用が多い土日は行政が休みで、平日にだけ回収に来られても困るのです。
よって管理会社がまとめておく必要があるのです。

新聞、お手紙、宅急便も別荘へ届けます。
管理会社は、ホテルのコンシェルジュのような、マンションの管理人のような、
そして行政サービスの一翼も担っているのかもしれません。
なるべくご期待に応えてていきたいと思います。


12249609_773973632728626_6629149674942788653_n.jpg

 

こんにちは。ソフトクリームです。
何回かに渡って軽井沢での別荘探しのポイントを連載しております。
多少のアドバイスになれば幸いです。
今回は9回目です。

「別荘(リゾートマンション)と会員制リゾート(クラブ)
比較するとどちらの方が良いでしょうか?」とよくお話しを聞きます。

会員制リゾート(クラブ)はリゾートホテル等の1室を複数のメンバーで、
共有(もしくは利用)するシステムのことです。
個人で別荘やリゾートマンションを所有する場合に比べて、
比較的安価にリゾートを楽しむことができます。
維持管理や修繕、清掃などの心配がありません。
またホームベース1箇所だけでなく、
全国に広がる他の施設を相互利用できるメリットがあります。
但し、ゴールデンウィークやお盆の時期は、抽選や割り当て日が決まっていて、
好きな時にうまく利用できません。
平日が休日であれば問題ないのですが、
日本はお盆のように休日が似た日になるケースが多く、
自分が利用したい日は他人も利用したい日であることが多いのが現状です。
また、チェックインやチェックアウトの時間が決まっていて、
カギを借りて返却するなど、
旅行者のリゾートホテルや旅館と変わらない点があります。

個人で別荘を所有することのメリット?を羅列してみました。
・事前に予約する必要がありません。
・カギを持ってます。
・利用上限の泊数が決まっていません。1年365日使えば永住です。
・ゴールデンウィーク、お盆、年末。元旦、好きな時に利用できます。
・いつでも、誰とでも、自由に行けます。
・ライフサイクルに合わせた移動ができます。
例えば金曜日の仕事が終わってから別荘へ。
渋滞は無くスイスイというパターンも選べます。
・ご自分の普段から使い慣れたベッドなどの寝具があります。
・日常生活のグラスやお皿など食器があります。
・お好きなワインなどお酒、食料品を冷蔵庫に置いておけます。
・スキー板やゴルフ用具もわざわざ車に毎回積まなくても、置いておけます。
・思い出の写真を壁に張ったり、記念品や調度品を置いておけます。
・一般的にワンちゃんなどペットと一緒に暮らせます。

別荘の管理会社はオーナー様に対して「いらっしゃいませ」でなく、
「お帰りなさいませ」というところが本来の姿勢かもしれません。

結論としては時間を気にせず、
好き
な時に思い立った時に利用できる別荘を所有することが、
旅行ではなく、「住まい」や生活であり「真のリゾートライフ」を楽しむことなのかと考えます。

 2015年1月23日 日本テレビの情報番組「PON!」で、
浅間ハイランドパークの天然スケートリンクをご紹介いただきました! 

10929170_919578114727512_6192394900131624273_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

10408975_919582894727034_8769340175778306275_n.jpg

こんにちは。ソフトクリームです。

冬から春にかけて、浅間ハイランドパークの別荘地内を歩いていると、美味しそうな「森のエビフライ」が落ちています。

しかし、固くて食べられません。
これはリスが松ぼっくりを食べた「食べかす」です。

冬になると園内を走り回る可愛いリスをよく見かけるようになりますが、ちょうどお食事中にお会いできるのは難しいです。。。

この「森のエビフライ」を探しに、ちょっと下の目線で散策してみてはいかがでしょうか?

ebi furai.jpg

アイテム

  • ogp_03.jpg
  • 13256068_875038129288842_511429937647350123_n.jpg
  • 13245506_875038149288840_8368811331265011867_n.jpg
  • 13226692_875038105955511_133226414480289632_n.jpg
  • Cervo takeout menu.jpg
  • チェルボテイクアウトメニュー.jpg
  • IMG_2655.JPG
  • tsumagoi.jpg
  • 嬬恋村ポスター.jpg
  • sanadamaru.jpg

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ