北軽井沢の高原リゾート「浅間ハイランドパーク」「北軽井沢ハイランドリゾートホテル」のスタッフブログです。

雑記の最近のブログ記事

今年(2017年)は北陸新幹線(旧長野新幹線)「あさま」(東京と長野間)が開業20周年でした。
軽井沢が新幹線の停車駅になってから20年が経過したことになります。
2017年、JR東日本では運賃が5割引になるなど各種キャンペーンを行ってました。
軽井沢が益々、別荘エリアとして、またリゾート地として栄えるようになったのも新幹線の影響が大きいかもしれません。

「長野新幹線」は、平成10年2月の長野オリンピックの開催に合わせて、平成9年10月1日に「長野」駅まで開通。当時は北陸地方まで延伸されておらず、北陸方面の行政への配慮から長野行新幹線というように「行」を入れた時期もありました。

不動産や別荘の広告で、概要欄の交通でどう表記するか混迷した時期でした。
平成27年3月14日、金沢駅まで開業した際に、呼称を「北陸新幹線」になりまして長野新幹線は無くなりましたが、「あさま」は残りました。

長野新幹線は「E2系」8両編成でスタートしました。
北陸新幹線になって「E7(W7)系」12両編成になりました。
その前(金沢延伸開業)から徐々に先行投入されてました。
コンセントが全席分に着いています。これは東海道線にもないサービスです。
また全洋式トイレに温水洗浄機能付便座を設置されてます。
そして12号車にはグランクラス(グリーン車より高価)があります。
このグランクラスの座席は、レクサスのシートを手がけるトヨタ紡織が制作したそうです。
強いていえば「E7」になって車窓が小さくなったのが残念でした。

北陸新幹線には「かがやき」、「はくたか」、「あさま」と列車名がありますが、
最速の「かがやき」は、軽井沢駅には残念ながら止まりません。

軽井沢へは「はくたか」 か 「あさま」に乗車してください。

まず、「はくたか」ですが、終着駅は「長野」を越えて「金沢」まで行きます。
軽井沢まで「あさま」より速く(東京から軽井沢まで1時間7分位)、混んでいる傾向です。
「東京」、「上野」、「大宮」、「高崎(通過の場合も)」、「軽井沢」と停車します。
但し、一部の列車は「軽井沢」に止まりません。

次に、「あさま」ですが、終着駅が「長野」までです。「金沢」へは行きません。
軽井沢までは途中、「上野」「大宮」は必ず止まって、その先の「熊谷」、「本庄早稲田」、「高崎」、「安中榛名」は止まったり、止まらなかったりします。
「はくたか」に比べて約5分から10分ほど到着が遅くなり、「はくたか」より空いている傾向があります。
また「あさま」だけキャビンアテンダントがなくなりまして、車内サービスがありません。
車内に自販機もないので、乗車前に事前にドリンクやお弁当を買っておくことをお薦めします。

新幹線車内の説明です。
E7系の車両編成は12号車です。
自由席は1号車から4号車(または5号車)までになっています。
指定席は、5号車(または6号車)から10号車まで。
グリーン車は11号車。
グランクラスは12号車です。

・グランクラス(12号車)は、2列シート、通路挟んで、1列シートの合計3列シート。
18名定員。
・グリーン車(11号車)は、2列シート、通路挟んで、2例シートの合計4列シート。
63名定員。
・普通車(指定席と自由席)(1から10号車)は、3列シート、通路挟んで、2列の合計5列シート。
1号車の定員は50名(運転席とトイレが有るから少ない)
2、4、6、8、10号車の定員は100名
3、5、9号車の定員は85名(トイレが有るから少ない)
7号車の定員は58名(トイレ、多目的室、車椅子対応座席有るので少ない)
以上から駅で並んで自由席を確保したい場合は、2、4号車あたりが狙い目でしょうか。

最後に連絡の電話番号を。
最近はJRは、駅の電話番号を公開していませんね。ネットで調べてもなかなか出てきません。駅構内で忘れ物など、至急で連絡したいことがあると思うのですが。
ここに掲載しておきます。

 JR東日本 軽井沢駅 tel:0267-42-0620
 しなの鉄道 軽井沢駅 tel:0267-42-6257
 しなの鉄道 中軽井沢駅 tel:0267-45-5234

26171645_1392928354166481_845810083149230550_o.jpg
こんにちは。ソフトクリームです。

昔、東京ディズニー「ランド」だったものが、東京ディズニー「シー」が増えて、
今は総称して東京ディズニー「リゾート」と宣伝しています。

ただ私には、この言葉にかなりの違和感を感じます。

リゾートとは本来、保養を目的として、人が余暇を過ごすところの意味です。
くつろぎ、滞在、長期、自然、環境重視、癒やしがキーワードとなりますでしょうか。

逆のような意味に、レジャーという言葉があります。
娯楽、行楽、短期、人工的、好奇心、刺激。

どうですか?
東京ディズニーリゾートは、リゾートというより、むしろレジャーが近いかと思いませんか。

「別荘」はリゾートです。

東京ディズニーランドの回りには「ホテル」は沢山あっても
「リゾートホテル」とは言いませんし、
「年間パスポートを持っていて、自分の別荘もある」とも聞いたことがないですね。

近年、軽井沢は別荘地としてだけではなく、観光地としても有名になりました。
続々とホテルが建てられていまし、
軽井沢ショッピングプラザや旧軽銀座などお買い物を楽しむこともできます。
軽井沢はリゾートのレジャーの両面を兼ね備えるようになってきました。

軽井沢に来られた観光客は、リゾートを楽しまれるのか、レジャーや観光が目的か、
選ぶことができます
もし、リゾートを楽しまれるのであれば、1泊とはいわず、せめて3泊ぐらいして、
のんびりと滞在してほしいですね。
万平ホテルでコーヒー1杯を、滞在時間30分でリゾート気分を満喫。
これでリゾートと言えるかどうか。。。

田舎の村であった軽井沢が、1886年に宣教師アレキサンダークロフトショー氏
によって別荘が建てられて、軽井沢は、大きく変貌しました。
新幹線が開通し、東京から約1時間の近さで日帰りされる方も増えてます。

本来はテーマパークや遊園地などあまり開発が進まず、
自然環境を大事にすることがなによりここ軽井沢が本来のリゾート地として
必要があると考えます。

syokubutu.JPG


少し前のネタになって恐縮ですが、中軽井沢のスーパー「マツヤ」さんが昨年の9月7日が閉店して、先月の4月27日から「デリシア軽井沢店」さんに生まれ変わりました。

マツヤさんはデリシアさんに吸収合併されて、各店舗は少しずつ「マツヤ」さんから「デリシア」さんに名称が変わっていくようです。

遅くなりましたが、仕事の途中でちょっと立ち寄ってきて、行って参りました!!

店舗が建て替えられて、新しくて気持ちいいですね。
広い吹き抜けの天井に、小さなイートインスペースもあって、
シックな店内で、なかなか軽井沢らしい良い雰囲気ではないでしょうか。

レジも最先端っぽいですね。セルフでしょうか。操作出来るかな。。。
美味しそうなお総菜も充実しています。
信州のワイン、ジャム、ジュースなど地元のモノでお土産になりそうなものまで。

よく別荘族には、「マツヤ」、「ツルヤ」と名前からか比較されることが何かと多いと思いますが、
「ツルヤ軽井沢店」さんは店舗面積が大きく素材や品揃えは素晴らしいですが、
繁忙期は駐車場に入れるのも一苦労です。ちょっと買い物で行くという気分にはなれません。
「デリシア軽井沢店」さんは、JR軽井沢駅にも近くて、
しかも国道18号線沿いで、信越自動車動の碓井軽井沢インターチェンジから浅間ハイランドパーク別荘地へ向い場合、車のルートの途中にあり、所的には、こちらが立ち寄りやすく、便利かもしれませんね。
夜11時まで営業しているのも「ツルヤ」さんより長くて助かります。

昔は夏だけ営業していた西武百貨店さん(千が滝)や紀ノ国屋さん(旧軽井沢)や、ジャスコ(中軽井沢)などもありましたが、地元大手スーパーチェーンに押されてしまったのでしょうか、無くなってしまいました。

別荘がある方は、きっとお気に入りで行き慣れたスーパーマーケットがあることでしょう。
私は「スーパー大津北軽井沢店」さんですかね。


デリシア軽井沢
住所: 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢野沢原1323-1002
電話番号: 0267-42-0505
営業時間:  9:00から23:00まで

18664420_1189396061186379_7927970544764669833_n.jpg














18739637_1189396064519712_6890084330803124452_n.jpg

こんにちは。ソフトクリームです。

日本テレビのドラマ、北川景子さん主演の「家売るオンナ」を毎週、見ています。
視聴率も良いようです。

主人公は不動産会社のスーパー営業ウーマンの三軒家 万智(さんげんや まち)。
「私に売れない家はない」「私が売ります」と豪語して、
引きこもり中年男性などのどんな検討客にも、狭小住宅などの難しい売り物件を
必ず売ってしまいます。

同業者として、「有る、有る」と見入ってしまうところ、
「絶対、あり得ない」と引いてしまうところ、
数々ありますが、抱腹絶倒で楽しいです。
「別荘」も出ないかなぁと期待してます。番組はもう終盤ですが。。。

「不動産屋は地図を見ない」→これはさすがに無いと思います。

もし、やる気が出ない同僚がいたら 「GO!!」と叫びますよ。

番組ホームページです。
http://www.ntv.co.jp/ieuru/


ogp_03.jpg
浅間ハイランドパークの住所「群馬県吾妻郡嬬恋村」。

愛妻の聖地として知られているのをご存知でしょうか?
その物語は「日本書紀」や「古事記」に描かれている神話の世界まで遡ります。

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、西国征伐を追え、京の都にて弟橘姫(オトタチバナヒメ)と夫婦となります。その後、東国制定の任を受け、いわゆる蛮族の巣であった東国に向かうこととなり、オトタチバナヒメも付いていきます。

現在の静岡県から神奈川県の辺りにて、走水の海(現在の横須賀市)の神が波を起こして、船は進退窮まってしまう。
そこで后のオトタチバナヒメが入水すると、波が静まったそうです。

その後、東国を平定したヤマトタケルノミコトは、四阿嶺(あずまやさん)に立ち、東国を望んで、その美しい景色を亡くなったオトタチバナヒメに見せてやりたかったと

「アガツマヤ・・・」

と三度嘆いたとされています。

これが「吾妻郡嬬恋村(妻恋村)」の名前の由来であり、また、東国→アズマの国と呼ぶようになったのもこの時からだそうです。

歴史に想いを馳せて、愛妻の丘へ足を運んでみてはいかがでしょうか。
いつもより少し優しい気持ちになれるかもしれませんね。

tsumagoi.jpg

アイテム

  • P1010193.JPG
  • P1010192.JPG
  • P1010191.JPG
  • 26171645_1392928354166481_845810083149230550_o.jpg
  • クラフトポストカード表2017.jpg
  • 21432910_1286007341525250_757950576377892745_n.jpg
  • 21371099_1286007388191912_3436147089308599405_n.jpg
  • imamura.jpg
  • saitoh.jpg
  • 20170715163509 (1).jpg

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ