• メイン画像
イメージ

風の音や、鳥の声だけ聴いて過ごす贅沢(佐藤邸)

イメージ今回のオーナー訪問は、緑に囲まれ、清々しいゆったりとしたデッキ、白い縁取りの三角窓がおしゃれな佐藤様宅におじゃまいたしました。 佐藤様は、東京都内で、ご専門である循環器を軸に、内科全般から小児科・外科領域まで幅広く、地元の方々に愛されるかかりつけのお医者様として、 毎日を、大変ご多忙に過ごされていらっしゃいます。
「北軽井沢の友人のところへ遊びに来て、都会の喧騒を離れた静けさの中、風の音や、鳥の声だけを聞きながら、ボーとできる場所が必要と考え、 別荘を購入しようと決めました。

イメージ購入するにあたり、重点をおいたところは、管理の行き届いた別荘地であることでした。 毎週来られるわけではないので、しっかり管理されていることに対する安心感が必要でした。
ここは、冬場など到着が遅くなる時に、暖房を入れておいてもらったり、玄関前の雪を掃いておいてもらえる事や、毎日ごみの収拾をしてもらえることなど、 とても助かっています。
それから、旅行先として、犬も一緒に楽しめるところは限られてましたので、ここを利用するようになってから、 都会では、少し緩慢になっていた犬たちも、雪を見たり、広いバルコニーや、林の中で、子犬のように元気になり、大喜びで跳び回っています。」と おっしゃる佐藤様の横には、愛犬のゴールデンレトリバーの「バニラ」ちゃんと「どん」ちゃんが、幸せそうに座っていました。
「建物も気に入っています。傾斜地ならではのステップ式の家で、デザインも楽しく、年配の家族にも、階段の大変さが少なくていいですね。 窓から見える庭も、自然の中にいる実感を常に味わっていたいので、できるだけ手を入れていません。
実は、ここでは『何もしない、何も考えないで、静かな時間を過ごす・・』という予定だったのですが、いろいろな趣味を持ち込んで、意外に忙しく過ごしてるんです。

イメージゴルフの練習、早朝・薄暮のラウンド、犬の散歩、音楽を聴く、本を読む、写真を撮ること。 特に写真は、別荘の周りや浅間山など、どこも絵になるので家内が夢中になっています。 額に入れて、東京の家に飾ったり絵葉書にして、お礼状などに利用したりしているんです。」と素敵なお写真を見せていただきました。

イメージ「それから、連休、夏休みなどは、親戚・友人を呼んで、バーベキューをしたり、時には合宿所状態に?! 楽しく語り合ったり、交流を持てる場になり、来られた方、皆に喜んでもらえます。」と楽しそうに語って下さいました。
そんな、思いっきり別荘ライフを楽しんでいる佐藤様ですが、環境についても考えられていらっしゃいます。 「ずっとこの環境のままであってほしいですね。 別荘銀座のように、密集した建物群にならないで欲しいと思います。 また、同じ敷地の中でも、木がいっぱいある場所と、ほとんど無いところでは、特に夏場に気温の差を感じます。 環境保護の点からも、必要以上に庭の木を切らないようにして、皆でこのすばらしい自然を守りたいですね。」とおっしゃる佐藤様。
ご夫婦とご子息様、2匹のかわいいワンちゃん達が、いつまでも北軽井沢の四季を満喫いただけますよう、 皆様とご一緒に、この恵まれた自然を大切にしていこうと思いました。

2008年6月取材