• メイン画像
イメージ

高山植物に彩られた別荘ライフ(岡部邸)

イメージシロバナエンレイ草やまつむし草など美しい高山植物が四季折々庭を彩る別荘があります。
今回のオーナー訪問は、建設機械メーカーを退職され、第二の人生を悠々自適に送られている岡部様の別荘にお邪魔しました。
「浅間ハイランドパーク」に別荘をお持ちになる前、軽井沢にある友人の別荘によく訪れていらっしゃった岡部様ご夫婦。
ご購入前から別荘生活の楽しさを知っておられたお二人は、いずれは別荘を持とうと考えられておられたとのこと。
お友達にも別荘を持つ事を薦められていた平成元年。政府の労働時間1800時間以内推奨発表により余暇の増大の見込みにより、その必要性を強く感じられたそうです。
いろいろな別荘地を見て回る中、たまたま立ち寄られた「浅間ハイランドパーク」。その環境と管理を気に入り、土地を購入され、その後、別荘を建設されました。
「別荘を持つにあたり、一番重点 をおいたことは、一年を通じて楽しめること。別荘を持つことにより、その維持が日常生活に過大負担とならないことでした。価格や環境も納得しましたし、特に管理事務所の方々が家族的で管理が良いところを気に入っています。

イメージスキーが大好きなので、冬の利用も多いのですが、別荘地内の除雪があるのでとても助かります。 その他の季節はゴルフや登山、ショッピングに 温泉めぐりなどをしています。 どちらかといえば別荘にいるより、ここをベースに二人で外回りを楽しんでいます。」とおっしゃ るご主人様。
ご夫婦でアクティブに別荘ライフを楽しまれていらっしゃるご様子。 「また、ここに友達を招待しバーベキューパー ティーをするのも楽しみです。
それから、大好きなガーデニング。ここは雑草が少ないので庭のメンテナンスが楽ですね。但し 、環境にあった植物でないとすぐに駄目になってしまう。 でもここでなければ育てられない珍しい高山植物で庭を造るのは楽しいですよ。」とおっしゃいます。
その丁寧に手入れされた庭にはかわいい餌箱が。野鳥が大好きだという奥様は、ここに集まってくる野鳥を見るのが楽しみだとか。 中には手の届く場所まで近寄ってくる野鳥もいるそうです。

イメージここでは制作意欲が増して 、絵を夢中で描けるんですよ。」とおっしゃる奥様。 その腕前は教室を 開いていらっしゃる程の腕前。お部屋には大好きな絵やガラスの工芸品などをセンス良く飾られています。
お二人のお子様もご結婚なされ、茨城(ご自宅)・東京・岐阜と離れてお住まいですが、 例年数回のファミリー全員集合は、ご自宅の茨城ではなく、 この別荘に集るとのこと。 3人のお孫さんも含め、に ぎやかで楽しい集まりが目に浮かぶようですね。

2006年6月取材